過敏性腸症候群(IBS)にヨーグルトとオリゴ糖は効果あるの?

過敏性腸症候群(IBS)にヨーグルトとオリゴ糖は効果あるの?

過敏性腸症候群(IBS)を色々と調べまくった結果

過敏性腸症候群(IBS)を2chなどのネットで色々と調べまくった結果、
 ↓   ↓   ↓  ↓
原因はストレスのせいで腸内環境が崩れるためで、腸内環境のバランスを良くするのがいいらしい。
 ↓  ↓  ↓  
乳酸菌とオリゴ糖と酢がいいらしい。
 ↓   ↓     
そしていろいろ試して最後に行き着いたのは、
 ↓  
    
ダノンビオ」とカイテキオリゴと「お酢」でした。

 

 

 

  
 

 
まずは、毎朝ダノンビオ1個とカイテキオリゴを
 スプーン1杯分を混ぜて1週間食べ続けてみました。
 

 

 

1週間続けてみた感触としては、
なんとなくお腹に力が入るというか、頻繁にトイレに行っていた回数が減ったり、残便感があってモヤモヤしていたのを忘れるくらい、結構調子が良くなった!
と実感出来ました。

 

 

その後、1ヶ月ほどの間は、自分の体調に合った量と回数を調整しながら、続けてみました。

 

 

例えば、便秘気味のときは、朝普通にダノンビオ1個とカイテキオリゴをスプーン1杯混ぜて食べたり、ちょっと軟便気味になったときは、朝カイテキオリゴをスプーン半分だけお茶に入れて飲んだりしました。
 
 
 
過敏性腸症候群には、果糖が良くないので、普段から砂糖の替わりにカイテキオリゴを使っています。

 

ただ、気をつけないといけないことは、カイテキオリゴは砂糖みたいな甘味はあまりないので、砂糖の甘さにしたい場合は、大量に入れてしまうことになります。
 
結果、カイテキオリゴを摂り過ぎると下痢になります。
 
原因は、乳糖、オリゴ糖の不消化、もしくは自分の腸の中の善玉菌達が増えすぎたからのようです。
 
 
はじめてカイテキオリゴを食べる際は、まずはスプーン半分の量くらいから試して、少しずつ増やしたりした方がいいと思います。
(失敗談ですが…)

 

 
 

なので、自分の体調に合わせて、ダノンビオと
カイテキオリゴの量と回数を調整しながら、
黄金率を見つける必要があるかと思います。
 
 
ダノンビオカイテキオリゴを試してみてください。
 
 
あと、お腹が張ったり、ガスが出ないようにするには、肉なんかの動物性タンパク質を食べる回数を減らして、豆腐(植物性蛋白質)に換えたり、1日1回夕食後に酢を飲んでみたりしました。
 
これで結構、残便感とガス(おなら)の量が減りました。
 
 
 
これもネットで食後にお酢30mlを水150mlで薄めて飲んだら、おならが治ったという書き込みがあったので試してみたんですが、結構いい感じです。
 

是非これも試してみてください。
 
 
過敏性腸症候群(IBS)を改善してくれたダノンビオとカイテキオリゴの詳細情報
ダノンビオ
カイテキオリゴ

実はカイテキオリゴは、全額返金保証付きです。

もし万が一効果に満足できないときは、商品が到着してから25日内であれば、
商品をすべて使い切った後でも1個分の商品代金を全額返金してくれます。
(即効性はないので、せめて1〜2週間程度はお試しして欲しいですが…)

 

なんと太っ腹なんでしょう!
ただ、それだけ商品に自信がある証拠だと思います。

 

返金保証期間の間に試してみて、効果が表れなければ全額返金してくれますので、
このチャンスを利用しない手はありません。

 

ダノンビオとオリゴ糖の関係、
     ダノン社の機能性消化管障害(過敏性腸症候群(IBS)、類似症状)の文献
http://www.danone.co.jp/products/danone_bio/beactiviahealth/index.html 

 

 

お酢で腸内環境がよくなって、おならの量が減るという根拠が載っているサイト(具体的には書いてませんが)。
http://hikawa.takara-bune.net/hKenkoChonaiSaikin.html 

 

 

 

 

過敏性腸症候群(IBS)はストレスが原因?

こちらのサイトまでお越しいただき、ありがとうございます。

 

私は、サイト管理者のコータローと申します。

過敏性腸症候群(IBS)にヨーグルトとオリゴ糖は効果あるの?

 

私も実は、重度ではないにしても、交替型+プチガス型の過敏性腸症候群(IBS)持ちです。

 

ちなみにストレスも抱えてます。

 

 

 
過敏性腸症候群(IBS)はストレスが原因か?
 
こちらのサイトにお越しの方は、何らかのストレスが原因で過敏性腸症候群(IBS)の症状で悩んでおられると思います。

 

例えば、
・通勤時に会社や仕事の事を考えたりするとお腹が痛くなる。
・会議の前や途中でお腹が痛くなる。
・プライベートでもなにかイベントが有る直前や途中でお腹が痛くなる。
・仕事で忙しくなると便秘と下痢を繰り返す。
・休日でも仕事やイベントのことを考えると腹痛が起こる。
・病院で薬をもらって服用しても、なかなか改善されない。
・おならと腹痛が気になって仕事や物事に集中できない。
・お腹が鳴るのが気になって辛い。
近くにトイレがないと落ち着けなくなり、お腹が痛くなる。

 

などなど、数え上げれば切りがありません。
 
 

過敏性腸症候群(IBS)にヨーグルトとオリゴ糖は効果あるの?

歩いたり、運動やカラオケに行ったりして、ストレスを発散しているのになかなか治らないのは何故なのか?

 

どうしたらいいのかわからない。。。

 

 

貴方も、もしかして
こうなんじゃないですか?

 

 

 

 

子供の頃の緊張するとすぐお腹が痛くなる病が再発

何を隠そう、私は重度ではないにしても、小さい頃から水泳などの習い事に行く前やそろばんの試験なんかに行く前には必ずといっていいほど、緊張するとお腹がキュ〜ンとすぐに痛くなったりする、いわゆる非常にデリケート?で緊張しいな性格の持ち主でした。
 

過敏性腸症候群(IBS)にヨーグルトとオリゴ糖は効果あるの?

と思っていました。
 
 
が、ここ最近では、だいぶん世間様に鍛われて、周りからは図太い人間のように思われているようです。
 
本当の自分は実はデリケートなんですが…
 
 
ほぼブラック企業な会社に務めてからは、仕事に追われ、いつの間にか真面目な仕事人間になってしまっていて、気づいた時には、周りの期待に沿うことが生きがいになっていました。
 
まあそれなりの責任あるポジションを与えられ、仕事に邁進するとこで己も磨き続けることが出来ると思い込んでいました。
 
 
毎日仕事が終わって、子供の寝顔を見てバタンキューの生活をして、たまに休めたかと思えば、家族サービスに務めるという、実に良い親父として生きてる?生かされている?自分がいました。
 
と充実している生活をおくっているつもりでしたが、どうもストレスを溜めてしまうと、暴飲暴食気味になってしまい、下痢になったかと思えば、今度は便秘になったりと、やたらと1日のうちのトイレの滞在時間が長くなっていることにようやく気づきました。

 
お腹の中にガスが溜まったような、トイレの大をしても、なんだか気持ち悪い残便感などなど、仕事の責任のあるポジションに上がる毎に、次第にお腹の調子が悪くなってきていました。
 

 

何故かトイレは心がやすらぐのですね。

過敏性腸症候群(IBS)にヨーグルトとオリゴ糖は効果あるの?

 

 

 
ほんの数年前までは、ただのビール好きのオッサンがプチ暴飲暴食のツケで、お腹の調子が悪いだけだと思い込んでましたが、どうも自分の心は知らず知らずのうちに無理をしていたようです。
 
その結果が、小さい頃に緊張するとすぐお腹が痛くなる病を再発してしまっていたのです。
 
 
それが近年 話題になっている過敏性腸症候群(IBS)だったのです。
 

ストレスを発散しても、何故過敏性腸症候群が治らないのか?

ここで言いたいのは、バランスを崩す大きな原因が、ストレスなのです。
 
ストレスにより、腸内で悪玉菌が優位になってしまう。
 

 

 
では、ストレスを発散しても、なぜ過敏性腸症候群(IBS)が治らないのか?
 
 

 

それは、一度崩れてしまった腸内細菌のバランスは、普通に自力で元通りに戻すには、規則正しい食生活をしても早くて1ヶ月前後、遅くて半年の時間がかかってしまいます。
 
本来なら、すぐに善玉菌を優位にしてあげる必要があるのですが、自力だけで戻そうとするとそれだけ時間がかかってしまいます。
過敏性腸症候群(IBS)にヨーグルトとオリゴ糖は効果あるの?
 

 

しかも、善玉菌が優位になるまでの間は、肉類を一切断って、アイスクリームなどの冷たいものや甘いものを口にするのは厳禁です。
 

 

 

実際、普段の食生活では、それだけ善玉菌を優位に戻してあげることが困難なのです。
yakinikukinsi
 

 

出来るだけ効率よく腸内環境を善玉菌優位にするには、まず乳酸菌を腸内に取り入れる必要があります。
 
 
 
 
通常は乳酸菌を摂取するには、ヨーグルトやサプリメントを使用します。
 
 
ですが、口から摂取する乳酸菌は弱いため腸まで生きて到達することができない場合がほとんどなのです。
 
しかも、寿命が短いのでずっと腸内では長生きしてくれません。
 
 
 
 
また、善玉菌をバランスよく増やして腸内環境を整えるには、乳酸菌を増やすか腸まで届くタイプの乳酸菌を摂取し続ける必要があります。

 
しかも、毎日、毎日、ヨーグルトを摂り続ける必要があるのです。
 
 
これを継続するのって、結構辛くないですか?
 
 
ですが、カイテキオリゴのようにオリゴ糖を効率的よく摂り入れることで、良い腸内環境のバランス維持が継続できるのです。
 
 
オリゴ糖は、お腹の中で善玉菌である乳酸菌を増やす働きがあります。
 
実際、オリゴ糖は乳酸菌のエサなのです。
 
また、乳酸菌はオリゴ糖が大好きなのです。
 

 
 
オリゴ糖は、さらに腸内環境を整える効果もあるので乳酸菌と一緒に取ることで効果的がもっと上がるのです。
 
 
 
つまり、オリゴ糖は乳酸菌の能力を最大限に引き出すだけでなく、
オリゴ糖自身の整腸能力によって、腸内環境を正常に持続させるのです。
 
乳酸菌の入ったヨーグルトやタブレットと一緒にオリゴ糖も摂取して、乳酸菌の能力を最大限に活かす方法が一番だと考えています。
 
 
私がおすすめしたいのがカイテキオリゴダノンビオです。
 
実際、カイテキオリゴは便秘で悩んでいる人向けのオリゴ糖として、一番に売りだされていますが、腸内環境を整える優れたオリゴ糖として支持されています。
 

また、薬のように副作用もないので、過敏性腸症候群(IBS)の方へも安心しておすすめできるオリゴ糖です。
 
 

過敏性腸症候群(IBS)は細菌感染による腸管炎症説が原因?

 

最近になって、過敏性腸症候群(IBS)の最有力な原因として考えられているのが、過敏性腸症候群(IBS)の第一人者である日本消化管学会会長で東北大学医学部教授である本郷教授率いるチームにより発表された、細菌感染による腸管炎症説です。
 
最新の過敏性腸症候群(IBS)の原因と対策と研究

 


ホーム RSS購読 サイトマップ