ガス、おなら、腹部膨満感を防ぐ食事の工夫

ガス、おなら、腹部膨満感を防ぐ食事の工夫

炭酸、たばこ、豆類は控える

ビールや発泡酒、炭酸系の飲み物は腹部膨満感の誘因になり、ガス、おならが出やすくなると言われています。
 
また、早食いの人やガムを噛んだり、たばこを吸う習慣のある人も空気を取り込みやすく、お腹が張ることがあります。
 
ガス、おならは腸の内容物が発酵すると、匂いが強くなります。
 
 
いも類はおならを出しやすくしますが、匂いはあまり強くなく、むしろ豆類などで腸で発酵しやすいものは匂いが強くなることがあります。

ヨーグルト、納豆、野菜を多く、肉は控えめに

大腸には腸内細菌叢(そう)といって、500種類くらいの細菌が住んでいます。
 
ビフィズス菌などの乳酸菌に代表される善玉菌、ウェルシュ菌のような悪玉菌、そして中間型の日和見菌がバランスを保って住み分けています。
 
細菌のバランスは一人ひとり異なり、全身の健康と深く関わっていると言われます。
 
善玉菌が優勢だと腸の健康が保たれ、おなら、ガスは出ますが強い腐敗臭はしにくいようです。
 
 
 
最近では、腸内に達する乳酸菌で出来たヨーグルトで、腸内環境を整える健康法などがすすめられています。
 
ヨーグルトはたしかに善玉菌を繁殖しやすい作用がありますが、食べた人の腸内環境によっては効果が上がらないこともあります
 
 
 

ガス、おなら、腹部膨満感を防ぐ食事の工夫

その一方でみそや納豆なども腸内環境を整えるサポート役を果たすと言われています。
 
ガスやおならが気になるときは、ヨーグルトやみそ、納豆、それと食物繊維も十分に摂って、肉類などを控えると匂いが弱まる可能性があります。
 

 

 
ただ、
おならは自分が気にするほど他人は気にしていないことも
知っておいてください。
 
消化器の手術ではおならが出ることが回復の目安になります。
 
ある程度のおならはだれでも出ているのです。
 
 
 
ですので、
1番気をつけたいのはどんな美男美女も、有名人も誰もがおならをしているので、自分自身が思っているほど周りの人は、気にしていない、気づかないことがほとんどなので、それほど気にする必要はないと思うことが大切になります。
 
 
 

逆にガスを我慢するより善玉菌を優勢にさせて、匂いの弱いガスやおならならどんどん出しても大丈夫、我慢するほうが体に悪いので「どんどん出すぞ」くらいに大きく考えてみてください。
 
自分で意識していないのにガスが出る人も同様に考えてみても決して悪くはありません。
 

関連ページ

過敏性腸症候群(IBS)での食品の選び方
過敏性腸症候群を少しでも改善したい方へ食事の提案です。
過敏性腸症候群(IBS)に良い食物繊維の多い食品と上手なとり方
過敏性腸症候群(IBS)でも食物繊維は必要です。
過敏性腸症候群(IBS)で下痢が続くときの食事の工夫
突然の下痢は辛いですね。食事を改善しませんか?
過敏性腸症候群(IBS)の便秘が続くときの食事の工夫
便秘も辛いですね。食事を改善しませんか?
お腹を冷やしにくい食品と食事の取り方
過敏性腸症候群でも、お腹を冷やすのはよくはありません。
下痢型の方は牛乳に注意する。
牛乳が必ずしも万人にうけるものではありません。
善玉菌を増やす方法とは?
腸内環境を改善して、症状を緩和します。
人によっては乳酸菌の種類によって合う、合わないがある
残念ながら、合う合わないも人それぞれあります。
ダノンビオとオリゴ糖の関係他についての文献
ダノンビオとオリゴ糖の関係他についての文献
過敏性腸症候群(IBS)を克服するヒント
過敏性腸症候群(IBS)を克服するヒント
子供の過敏性腸症候群(IBS)について
子供の過敏性腸症候群(IBS)について
海外サイトの和訳『過敏性腸症候群(IBS)が悪化する食品ワースト20』
海外サイトの和訳『過敏性腸症候群(IBS)が悪化する食品ワースト20』

ホーム RSS購読 サイトマップ