下痢型の方は牛乳に注意する。

下痢型の方は牛乳に注意する。

下痢型の方は牛乳に注意する

 
一般的には、乳酸菌と言えばヨーグルトでしょうし、ヨーグルトと言えば乳酸菌をすぐに思い浮かべると思います。
 
そのくらい乳酸菌の効果は認められている証拠でしょう。
 
 
お医者さんから聞いた話ですが、実際、ヨーグルトを食べたら便秘が少なからず改善される方は多いみたいです。
 

下痢型の方は牛乳に注意する。

過敏性腸症候群の方の中にも、
ヨーグルトを常用している方は多くおられます。
 
お医者さんからも勧められました。
 
 
ですが、ひとつ注意してほしいことがあります。
 
それは、下痢してる方で、牛乳を飲むと余計に下痢がひどくなる方がいらっしゃるそうです。
(私の場合は、良くはなったのですが・・・)
 
中には、乳糖不耐症という腸が乳糖を分解できずに、
下痢を起こす方がいらっしゃいます。
 
牛乳を飲むとお腹がよくゴロゴロする人のことですね。

 

 
 

下痢型の方は牛乳に注意する。

ですから、牛乳を飲むとお腹を壊す、過敏性腸症候群の方は牛乳に注意が必要です。
 
ですが、ヨーグルトに含まれる乳糖自体は、牛乳よりも少ないので、牛乳はダメでもヨーグルトなら大丈夫という方もいらっしゃいます。
 
 
ただもしも、ヨーグルトを食べたことが原因で下痢をしたり、ガスが増えるようであれば、ヨーグルトは一旦中止して、サプリメント等から乳酸菌を摂取すると良いです。
 
実際は、乳酸菌で下痢が改善する方も多くいらっしゃるそうです。
 
乳酸菌は、便秘にも下痢にも良いですし、ガスも減らしてくれます。
 
 
過敏性腸症候群(IBS)ガス型でお悩みの方には、
ダノンビオをおすすめします。
 
 

関連ページ

過敏性腸症候群(IBS)での食品の選び方
過敏性腸症候群を少しでも改善したい方へ食事の提案です。
過敏性腸症候群(IBS)に良い食物繊維の多い食品と上手なとり方
過敏性腸症候群(IBS)でも食物繊維は必要です。
過敏性腸症候群(IBS)で下痢が続くときの食事の工夫
突然の下痢は辛いですね。食事を改善しませんか?
過敏性腸症候群(IBS)の便秘が続くときの食事の工夫
便秘も辛いですね。食事を改善しませんか?
ガス、おなら、腹部膨満感を防ぐ食事の工夫
ガスでお腹が張る、おならが出る食事の改善提案です。
お腹を冷やしにくい食品と食事の取り方
過敏性腸症候群でも、お腹を冷やすのはよくはありません。
善玉菌を増やす方法とは?
腸内環境を改善して、症状を緩和します。
人によっては乳酸菌の種類によって合う、合わないがある
残念ながら、合う合わないも人それぞれあります。
ダノンビオとオリゴ糖の関係他についての文献
ダノンビオとオリゴ糖の関係他についての文献
過敏性腸症候群(IBS)を克服するヒント
過敏性腸症候群(IBS)を克服するヒント
子供の過敏性腸症候群(IBS)について
子供の過敏性腸症候群(IBS)について
海外サイトの和訳『過敏性腸症候群(IBS)が悪化する食品ワースト20』
海外サイトの和訳『過敏性腸症候群(IBS)が悪化する食品ワースト20』

ホーム RSS購読 サイトマップ