過敏性腸症候群(IBS)の食事対策

子供の過敏性腸症候群(IBS)について

子供の過敏性腸症候群(IBS)について

 
実は、ウチの長男も、どうも過敏性腸症候群(IBS)の気があります。
 

 

 

 

カイテキオリゴに出会うまでは、以前は長男と、朝と食後の時間帯にトイレ争奪戦になることが多々ありました
 
また、
長男はトイレに入ると20分近く入りっきりになっている状態も多々ありました。
 

 

 

 

ですが、自分と同じようにヨーグルトとオリゴ糖を毎日摂るようになってからというもの、お腹の調子も良くなってきて、
 
今ではトイレ争奪戦も、トイレ滞在時間もめっきり減っています。
 
我が家の長男の過敏性腸症候群(IBS)体質を改善してくれた方法とは?
 
 
 
俗に長男は胃腸が弱いと言われているそうです。
 
たしかに周りの方にも多く見受けられ、自分も長男です。
 
長男ということで、大切に育てられたので胃腸も精神面も過保護気味になっているのかもしれません。
 
 
 

 
最近では、10代の成長期の子供の過敏性腸症候群(IBS)も増加傾向にあると言われています。
 
ことに下痢型の子供の悩みは切実だと思います。
 
通学途中に突然腹痛とともに便意を催してしまい、途中で慌ててトイレに駆け込んでしまう。
 
ひどいケースだと、行動範囲内にある全てのトイレの場所を把握している子供も少なくありません。
 
 
 
我が家でも、長男が多少のストレスを感じるお歳頃なため、
ちょっとした不安があるとすると、本人の意識以上にお腹にヒットしてしまっていたようです。
 
その様子を見ていると、子供当時の自分を見ているようで、
愛しくもあり、「変なところまで似なくてもいいのになぁ」という申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

 
 
そこで、自分とほぼ同じような体質なので、過敏性腸症候群(IBS)の症状が緩和されるかも?
 
と思い、試したところ、
 
「やはり親子なので間違いなし!」
 
効果テキメンでした。
 

 

長男の体質改善と健康維持のために、我が家では、
毎日のヨーグルトとオリゴ糖+青汁を飲ませています。

 

そのおかげだと思いますが、風邪をひきやすかったり、お腹をすぐに壊したりする虚弱体質だった長男も、ここ最近では、特に風邪をひく訳でも、お腹が痛がる様子もめっきり少なくなりました。
 
 
 
我が家の長男の過敏性腸症候群(IBS)体質を改善してくれた方法とは?
 
 
子供向けで飲みやすい青汁⇒ 

 

 

関連ページ

過敏性腸症候群(IBS)での食品の選び方
過敏性腸症候群を少しでも改善したい方へ食事の提案です。
過敏性腸症候群(IBS)に良い食物繊維の多い食品と上手なとり方
過敏性腸症候群(IBS)でも食物繊維は必要です。
過敏性腸症候群(IBS)で下痢が続くときの食事の工夫
突然の下痢は辛いですね。食事を改善しませんか?
過敏性腸症候群(IBS)の便秘が続くときの食事の工夫
便秘も辛いですね。食事を改善しませんか?
ガス、おなら、腹部膨満感を防ぐ食事の工夫
ガスでお腹が張る、おならが出る食事の改善提案です。
お腹を冷やしにくい食品と食事の取り方
過敏性腸症候群でも、お腹を冷やすのはよくはありません。
下痢型の方は牛乳に注意する。
牛乳が必ずしも万人にうけるものではありません。
善玉菌を増やす方法とは?
腸内環境を改善して、症状を緩和します。
人によっては乳酸菌の種類によって合う、合わないがある
残念ながら、合う合わないも人それぞれあります。
ダノンビオとオリゴ糖の関係他についての文献
ダノンビオとオリゴ糖の関係他についての文献
過敏性腸症候群(IBS)を克服するヒント
過敏性腸症候群(IBS)を克服するヒント
海外サイトの和訳『過敏性腸症候群(IBS)が悪化する食品ワースト20』
海外サイトの和訳『過敏性腸症候群(IBS)が悪化する食品ワースト20』

ホーム RSS購読 サイトマップ