過敏性腸症候群(IBS)で下痢が続くときの食事の工夫

過敏性腸症候群(IBS)で下痢が続くときの食事の工夫

野菜は筋の少ないものを煮込んで食べる

下痢が続くと、何を食べたら良いのか、食事をすることまで怖くなるという人もいます。
 
 
ただ、過敏性腸症候群(IBS)の下痢は食中毒のような細菌性の下痢とは異なり、脱水症状を起こすようなことはほぼありません。
 
それでも、食べることが不安で、食事の量が極端に減ったり、水分のとり方も減ってきた場合には、遠慮しないで医師に相談します。
 
点滴などで対応できることもあります。
 
 
 
 
基本的にはあまり食べることを恐れず、回数を分けてもいいので、普通の食事を少量ずつ摂るようにしてみます。
 
腸への刺激を出来るだけ少なくするために、冷たいもの、スパイス類、炭酸、カフェインなどは控えます。
 

 
 

過敏性腸症候群(IBS)で下痢が続くときの食事の工夫

野菜はビタミンやミネラルが豊富ですし、下痢をしていても一定の食物繊維は摂ったほうが良いので、細かく刻んだり煮込んだりして、温かいものを摂るようにします。
 
 

 

ただし、ごぼうやさつまいもなどは筋張った繊維のあるものは、控えたほうが無難です。
 

脂っこい料理や牛乳は避ける

 
脂肪や油脂類も腸が相当疲れているときには、刺激になることがあります。
 

過敏性腸症候群(IBS)で下痢が続くときの食事の工夫

 

油を使った料理やお菓子、肉の脂身、サラダ、ファストフードなどは避ける方がよいです。

 

 

豆など腸内で発酵しやすいものも控えますが、豆腐は食べられます。
 
下痢が続いていて相当弱っているときは、それまで平気だった乳糖や果糖などで下痢をすることがあります。
 
 
牛乳や果物、果糖が入った清涼飲料水などは、少し休むと良いです。
 
ただ、りんごは下痢の回復期にも使われるので食べられます。
 
 
カフェインやソルビトールの入った食品は避けておきます。

関連ページ

過敏性腸症候群(IBS)での食品の選び方
過敏性腸症候群を少しでも改善したい方へ食事の提案です。
過敏性腸症候群(IBS)に良い食物繊維の多い食品と上手なとり方
過敏性腸症候群(IBS)でも食物繊維は必要です。
過敏性腸症候群(IBS)の便秘が続くときの食事の工夫
便秘も辛いですね。食事を改善しませんか?
ガス、おなら、腹部膨満感を防ぐ食事の工夫
ガスでお腹が張る、おならが出る食事の改善提案です。
お腹を冷やしにくい食品と食事の取り方
過敏性腸症候群でも、お腹を冷やすのはよくはありません。
下痢型の方は牛乳に注意する。
牛乳が必ずしも万人にうけるものではありません。
善玉菌を増やす方法とは?
腸内環境を改善して、症状を緩和します。
人によっては乳酸菌の種類によって合う、合わないがある
残念ながら、合う合わないも人それぞれあります。
ダノンビオとオリゴ糖の関係他についての文献
ダノンビオとオリゴ糖の関係他についての文献
過敏性腸症候群(IBS)を克服するヒント
過敏性腸症候群(IBS)を克服するヒント
子供の過敏性腸症候群(IBS)について
子供の過敏性腸症候群(IBS)について
海外サイトの和訳『過敏性腸症候群(IBS)が悪化する食品ワースト20』
海外サイトの和訳『過敏性腸症候群(IBS)が悪化する食品ワースト20』

ホーム RSS購読 サイトマップ