過敏性腸症候群チェック

過敏性腸症候群チェック

過敏性腸症候群(IBS)チェック

 

⇒

過敏性腸症候群(IBS)チェック
 
 
□ 腹痛を伴う下痢(便は泥状、粘液が出ることも)
 
□ 便秘、あるいは便秘と下痢を交互に繰り返す
 
□ 時折、うさぎの糞のような便が出る
 
□ 排便後は腹痛が収まることが多い
 
□ 排便後、残便感はあるが、便は出ない
 
□ ガスがたまりやすい
 
□ 午前中の腹痛が多く、午後からは回復する

 
□ 体重の変化はなく、食欲も普通にある
 
□ すぐトイレに行けない状況で症状が出る
 
□ 睡眠時や休日には症状が出ない
 
□ 症状が1カ月以上持続している
 
 
上記のあてはまる症状が多ければ多いほど、
過敏性腸症候群の疑いがあります。

関連ページ

過敏性腸症候群(IBS)の症状
過敏性腸症候群といっても、いろいろな症状があります。
過敏性腸症候群(IBS)に効果がある腸内の善玉菌を増やす秘訣
過敏性腸症候群でも腸内環境の改善が必要です。
便の色とガスの臭いは腸内環境のバロメーター
トイレの後の臭いと便の色で、ある程度は自分の健康状態がわかります。
腹八分目は医者いらずは事実?
暴飲暴食は過敏性腸症候群の症状+胃腸をイジメているようなものです。

ホーム RSS購読 サイトマップ