便の色とガスの臭いは腸内環境のバロメーター

便の色とガスの臭いは腸内環境のバロメーター

便の色とガスの臭いは腸内環境のバロメーター

 
吹出物が増えて、なんとなく肌の調子が悪く肌荒れが気になる、体臭の嫌な臭いが気になるという状態ではありませんか?
 
その嫌な原因の犯人は腸内ガスである可能性が高いです。
 
 
 
過敏性腸症候群(IBS)の症状のページにも解説してますが、過敏性腸症候群(IBS)=過敏性大腸炎は、便秘型、下痢型、便秘と下痢が交互におこる混合型、ガス型、腹痛型、腹鳴り型等がありますが、厄介なのは便秘型、下痢型、ガス型の3つです。
 
今回はガス型について説明します。
 
 
 
ガス型はお腹が普通以上の頻度でゴロゴロ鳴ったり、オナラ=ガスが出やすい、もしくはガスの放出をコントロール出来ない状態にまでなってしまいます。
 
ガスはオナラとして体外へ排出される分はガス排出のコントロールさえできればなんとかなるものなのですが、体内に溜まった状態になっていると行き場がなくなり、腸管から吸収されて、血液の中に入り込んで血液にのって身体中をまわってしまいます。

 
そして皮膚を通ってしまった結果、吹出物や肌荒れ、体臭となって現れるのです。
 
 
 
お腹にガスがたまる原因は食べ物に原因があると考えられるケースがあります。
 
 
 
食べ物を消化する行程で水素、メタン、二酸化炭素などのガスが発生してしまいます。
 
それ以外では、糖分を分解する酵素が不足している場合大量のガスが発生しやすくなる場合もあります。
 
 
 
腸内ガスを放出することを我慢したり、便秘で便が大腸内に長く留まっていると、腸内の悪玉菌が優勢になり、増殖して毒素を出してしまい、腸内環境が悪化してしまいます。

 
この状態がガスがたまる原因なのです。
 
 
 
動物性タンパク質をよく食べる方はこの状態に近いことが多いのです。
 
腸内細菌が善玉菌よりも悪玉菌優勢になってしまうと便やオナラ=ガスの匂いが臭いはずです。
 
そして、便の色は黒いこげ茶色になっていると思います。
 
 
 
善玉菌優勢なら、ガスや便の匂いはキツイ匂いではなく、便の色も黄土色〜茶色になります。
 
 

 
原因が食べ物に由来する場合は、乳酸菌など発酵食品を積極的にとって、動物性蛋白質は出来るだけ控えて、野菜中心の日本古来の日本食を食べることが効果があるようです。
 
 
 
ですが、現代人の忙しい生活ではその食事を続けることは実際困難なことです。
 
逆にストレスが溜まってしまう結果になってしまいます。
 
そこで、カイテキオリゴのように純度100%のオリゴ糖を摂ることで、腸内環境を整える事ができるのです。

 

 

便の色とガスの臭いは腸内環境のバロメーター

関連ページ

過敏性腸症候群チェック
過敏性腸症候群(IBS)かどうか、チェックしてください
過敏性腸症候群(IBS)の症状
過敏性腸症候群といっても、いろいろな症状があります。
過敏性腸症候群(IBS)に効果がある腸内の善玉菌を増やす秘訣
過敏性腸症候群でも腸内環境の改善が必要です。
腹八分目は医者いらずは事実?
暴飲暴食は過敏性腸症候群の症状+胃腸をイジメているようなものです。

ホーム RSS購読 サイトマップ