どうしても治らない方は?

どうしても治らない方は?

どうしても治らない方は?

 

どうしても治らない方は?

過敏性腸症候群がどうしても治らない方は、おそらくメンタル的なところが原因の根底だと考えられるため、ストレスからも減らす方向で、一度メンタル専門の病院に診てもらうことをおすすめします。
 
重度の場合は、ストレスから自律神経の働きがおかしくなって、過敏性腸症候群になっているケースもあります。
 
自律神経は全身に張り巡らされていて、自分の意思とは全く連動しない神経です。
 
腸も自律神経によって働いています。
 
 
過敏性腸症候群の方は、自律神経の機能が乱れている事が多いのです。
 
 
自律神経には交感神経と副交感神経がありまして、交感神経は活動している時に働いている神経で、副交感神経はリラックスしている時に働いている神経です。
 
 
要はどちらか偏り過ぎる事なく、バランス良く働く事が大切なのです。

 
 
しかし、過敏性腸症候群の方は過剰なストレスが主な原因で、この交感神経と副交感神経のバランスが悪くなってしまっています。
 
 
 
人はストレスを感じると脳で不快感を感じます。
 
詳しく言うと大脳辺縁系という感情を司る部分で不快感を感じるのです。
 
不快感を感じた大脳辺縁系は、その下に位置する間脳の視床下部という部分に悪影響を及ぼてしまいます。
 
 
実はこの視床下部が自律神経の最高中枢なのです。
 
ストレスは間接的に自律神経の働きを乱す事になるのです。

 
それが原因で全身に自律神経系の症状が出る事があります。
 
なので過敏性腸症候群の方は、腸だけでなく心身にいろいろな症状を持っている方がいらっしゃいます。
 
過敏性腸症候群がどうしても治らない方は、おそらくメンタル的なところが原因の根底だと考えられるため、ストレスからも減らす方向で、一度メンタル専門の病院に診てもらうことをおすすめします。
 
とはいっても、なかなか病院に行っても完治することは難しく、病院に行ってもあまり理解されず、整腸剤しか貰えないようなケースもあります。(実際に私もそうでした。)

 

ですから、自分の身は自分で守りたいと思うようでしたら、まずはやはり、食生活を見直して下さい。

 

 

と、薬には必ず副作用があります
 
ダノンビオカイテキオリゴ副作用がありません。

 

 

 

関連ページ

最新の過敏性腸症候群(IBS)の原因と対策と研究
IBS権威の最新の過敏性腸症候群(IBS)の原因と対策と研究
過敏性腸症候群(IBS)の治療法
過敏性腸症候群の薬物治療方
過敏性腸症候群(IBS)ガス型の症例と対策
ガス漏れってかなり辛いですね。
過敏性腸症候群で病院に行っても効果がない方へ
過敏性腸症候群が完治しない方へ
カイテキオリゴとは?
過敏性腸症候群でも、カイテキオリゴは効果がありました。

ホーム RSS購読 サイトマップ