腸は第2の脳

腸は第2の脳

腸は第2の脳

 
最近の研究では、神経生理学者であるマイケル・D・ガーション博士によって腸にも脳があることがわかってきました。
 
 

腸は第2の脳

マイケル・D・ガーション博士は、「セカンドブレイン(第2の脳)」という著書の中で、腸にも脳があるというすごい事実を発見したことを述べています。
 
元々博士は脳の研究が専門でしたが、脳に存在しているはずのセロトニンという神経伝達物質が腸内にも存在していることを発見したのです。
 
さらに研究を進めていった結果、体内のセロトニンの約95%は腸で作られていることを発見しました。
 
 
 
また、マイケル・D・ガーション博士は著書の中で「私達は現在、腸にも脳があることがわかっています。
 
とても信じがたいことではあるが、姿形の見難い腸は実際は、心臓などの内蔵に比べても豊かな感情を持ち合わせていて、脳や脊髄からの命令がなくても反射を起こさせる内在性神経系を持っているのは臓器の中で、唯一腸だけが持っている。
 
私達の先祖はアメーバなどの原生生物から進化して、脊椎を得た時に頭蓋と腸の両者にそれぞれ別の感情を持つ脳を発達させたのである。」と述べられています。
 
 
脳は腸から進化して出来たのです。

 
 
たとえ交通事故を起こして脊髄を損傷してしまっても、脳が動かなくなって植物人間のようになったとしても、腸は正常に働き続けるのです。
 

関連ページ

過敏性腸症候群(IBS)の精神症状のいろいろ
過敏性腸症候群と精神状態は切っても切れない関係なのです。
過敏性腸症候群(IBS)はどんな人がかかりやすいの?
気がついたら過敏性腸症候群なってしまった方の傾向

ホーム RSS購読 サイトマップ